• 2015.04.26 Sunday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

027:誰かが見てる
 激 甘 注 意 報 !!

読む際はご注意を。
放送流れ、生徒のはしゃいだ声の余韻残る放課後
少女は一人急ぎ足でプールへ向かっていた

まだ濡れた灰色の髪を夕日色に染められながら
学園指定の鞄を2つ下げて
一人泳いでいるだろう青年を探しに

耳をすませば水を割る音が聞こえてくる
連続するそれはテンポが早い

―…良かった……

空手部の様子を見に行った帰り
隣を覗いたら彼の鞄が教室に残っていたので
思わず持ってきたのだが

――…まだやっとる………。

すれ違いにならずに済んだようだ

安堵と共に靴を脱いで 鞄を置き
プールサイドに近づく

ターンを した所だった

音が遠くに感じる

鋭く水面に腕を差し込み
より遠くの水を掴んで前へ

スパートをかけているのか

その速度は驚くほど早く
彼の趣味に水泳が含まれていたのを思い出す

――……綺麗やなぁ…

彼はこちらに気づいていないようだ

最後の壁に手をついた瞬間
青年はゴーグルを外して帽子を脱ぎ
疲れたように水面に漂う

終わったらしい

「…お疲れ様。」

「……ッ?!」

ざばっと水が乱れる音
相当驚いたのか目が丸く見開かれていて
素直な反応はなんだか 可愛い

「…いつから居たンダ…?」

「ついさっき。」

自然笑みが浮かんだ

「……へぇ…。」

しかし近づいてくる青年の態度はそっけないもの

――…いつもの事や…

半ば言い聞かせるようにため息を殺して向き直る
そんな様子に気づかず、青年はすぐ側まで来ていた

「っア゛〜〜…疲れた……。」

「うわっ、濡れるっ!!」

短髪とは言え犬のように頭を振られたらたまらない
笑いながら離れたがすこし水滴を食らってしまった

「…………。」

ちょいちょい

「……?」

青年の手招きに首を傾げる
何か思いついたのか
内緒話を連想させるジェスチャーに近づき
彼の唇に耳を寄せる

――― ガシィッ

「――ふぇ…ッ…?!」

――― ザバァァンッッ

「ふにょぁ…ッ?!」

突然の感覚に目は白黒
慌ててかき分け空気だけは確保する

「ハハハッ……大丈夫カァ?」

腹いせに軽く握った拳で叩こうと当の犯人
悪戯成功に大爆笑中
プールサイドに避難するも
既に制服はぐっしょりと
素肌にまとわりついてしまっている

「下着までびしょびしょや…もぅ……/////」

青年の腕を逃れてプールサイドに避難
確かジャージがあったはずだと更衣室へ向かう

下着は……この際仕方ないだろう

苦戦しつつも制服を脱ぎ終え
何気なくプールの方を振り向いた

「――ッ!!」

そこに 青年が 居た
腕を組み 壁に背を預けて

「…ッ!!////」

思わず丸めた制服を投げつけ
急いでまだ湿ったバスタオルを纏う

「……。」

射抜く眼差し
体はすくみ
制服片手に歩み寄る青年から逃げることもできない

手を伸ばせば触れる距離

頬に触れられた瞬間 体が強張った

しかし 目が離せずに

どころか

「…ディス…?」

その切なげな顔に触れていた

「……。」

長い指先に唇をなぞられ
ぞくりと 何かが背筋を駆け上る

近づいてくる顔

反らせず離せず

静かに目を閉じ

唇を受け入れていた


目を見開く 生徒会広報の存在にも気づかずに。


」」」」」」

ディス×ユキ +ヒサメ

長かった……長かったよ……
読者女性が多いだろうと思い女性視点

雰囲気出てると良いなぁ……

裏テーマは「きっかけ」





スクロールシマスカ?↓

































一人 校門をくぐる
空を見上げれば 傾いた夕日が街並みを朱に染めて
目を細める程に美しかった

「……がらじゃないな…。」

自嘲と共に胸に手を当て動悸を鎮める

目撃してしまった瞬間
思わずきびすを返し逃げ出してしまった

青年が 彼女を気にしてるのは知っていた

付き合っているわけでもない
約束を交わしたわけでもない

でも

だけど

何故だろうか

震えが止まらなかった

「……なんて…オイシイんだ…。」

含み笑いも止まらない

好きなものが両方手に入る絶好チャンス


口端を上げ少女は静かにダテ眼鏡を光らせるのだった


」」」」」」

オマケ 爆笑
  • 2015.04.26 Sunday
  • 09:16
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
Add a comment:









CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.